RAS®について

RAS®(ラス)Release&Awakening System

今、あなたが抱えている問題のすべては、あなた自身、あなたの心の内側が創り出しています。
そして、その解決方法もあなたの内側に必ずあります。
RASファシリテーターはあなたの身体(内側)の通訳係として解決のサポートを行います。

RAS®(ラス)とは?

あなたのストレスや悩みの原因となっている自分が気付いていない信じ込み(感情ストレス)を筋肉反射で特定し、眼球運動で解消・解放(Release)していくという画期的な手法です。

そのストレスの原因は
「自分の個性と違うこと」を「無意識に」行うことにより起こっています。
RAS®は、本来の個性で生きていくことができるように気付き(Awakening)をサポートする代替療法/ストレス解放システムです。

「問題(ストレス)」に感じる出来事はあなたの心の内側からのサインです。
このサインの根底にある感情に精密筋反射(キネシオロジー)を使って無意識下に眠っている情報を適切に身体(筋肉)から聴き取り、現在ストレスを感じている現象を引き起こしている感情ストレス(信じこみ)を根こそぎ解放します。
またそのケアの方法も身体から聴き取り、実践することで現実が変化していきます。
企業内での「ストレスマネジメント」としても活用可能です。

※個人セッション方式で行い、身体に質問を投げかけながら進めていきます。

このような悩みをお持ちの方にオススメします!

□ イライラ・緊張・虚無感・無気力など
様々な思考・感情・心理的なお悩み
□ 身体の痛み、違和感、症状などを含む身体的・能力的なことに関するお悩み
□ 過食・拒食など摂食障害・ダイエットなど
□ 依存症・中毒症・恐怖症・不安心配性・トラウマなど

□ 親子・夫婦間など家族とのコミュニケーション関係
□ 職場・恋愛など対人コミュニケーション関係
□ 仕事・学校・その他様々な組織や活動内でのストレス
□ 子育て・仕事・学習・経営関連でのストレス

100人いれば、100通りの
あなたにしか分からないあなたの感情ストレスを、
あなたの身体に聴き、優しく解放していく
あなただけのオンリーワンセッションになります。

※ご留意事項
RASセッション®は医療行為ではございません。
代替療法/ストレス解放システムです。

RAS®セッション
…注意事項

RASセッションをお申込みの方へ。
①RASセッションは医療行為ではないことをご理解ください。
②セッション当日は無理のないスケジュールでお過ごしになることをおすすめいたします。
③セッション中、お水をたくさん飲んでいただく場合がございます。セッション前の食事は極力お控えください。
④ワーク内で出たご自身の身体からの宿題は全て自己責任の下、実施することに同意していただいております。
(宿題:お水を一定量飲んでいただくなど)
④コンタクトレンズ着用の方(特にハードレンズ)は、念のためレンズを外せるように準備しておいてください。
レンズの装着自体に問題はありませんが、眼球筋運動を行うので目が不快になることがございます。
⑤RASセッションはご自身でご自身を癒すオンリーワンセッションとなります。
RASファシリテーターはクライアント様のからだの通訳係であり、コントロールや洗脳を行うことはありません。
⑥妊娠中の方、妊娠の可能性がある方は、お申し込みの際必ずお申し出ください。(安定期に入ってからをおすすめしております)

RAS®セッション
…よくある質問

RAS®セッションについてよくあるご質問をまとめました。参考にしてください。その他ご不明な点はお問合せくださいませ。
*********
■RAS®セッションとはどんなものですか?
お悩み・問題を創り出している「信じ込み」をキネシオロジー(筋肉反射)で特定し、解放するワークを行うセッションです。
カウンセリングなどによりお悩みや問題そのものに対応、対処する方法をアドバイスするのではなく、解放ワークによりお悩みの根っこから解消していく画期的なシステムです。

■準備すること、用意する物はありますか?
お悩み・解決、解消したいことを箇条書きで書き留めてお待ちください。
セッション前日は睡眠を取り、体調整えておくことをオススメします。
セッション中はお水をたくさん飲んでいただくことがございますので、セッション前の食事は極力お控えください。

■時間はどれくらい必要ですか?
個人セッション/約90分~120分
おひとりおひとりオンリーワンセッションとなりますので所要時間が前後することをご了承ください。

■費用はいくら必要ですか?
・個人セッション/50,000円(詳しくはHP内のMENUをご覧ください)

■RASファシリテーター®とは何ですか?
RASセッションを行う者です。RAS認定ファシリテーター®、RAS認定インストラクター®のみが行うことが出来ます。
キネシオロジー(筋肉反射)を用いてクライアント様の身体に質問をしていきます。
身体の通訳者と考えていただければ良いと思います。

■RASインストラクター®とは何ですか?
RAS認定ファシリテーター®を育成するものです。
また、RAS解放コースを提供することが出来ます。

■何回も受けないといけないのですか?
解放したいだけ、ご納得行くまで受けていただけます。
平均的に3回受けていただくと効果を実感しやすいと言われています。
※RAS®は意欲のある方には非常に有益に働きます。その為、個人差があります。

■どのような悩みでも良いのですか?
RASセッションは占いでも霊視でもございません。
例) 離婚をした方が良いか、そうでないか。
例) この病気は手術をするべきか、そうでないか。
こうした質問にはお答えできかねますが、ご自身にとってベストな答えを、ご自身で出すことが出来るようになるセッションでもあります。
また、お悩み内容によってはクライアント様のご希望に応じて項目をご提案することはございます。

RAS®セッション
…流れ

①セッションシートに下記をご記入いただきます。
・解決、解消したいこと
・問題となっていること
・不安に感じていること
・ストレスを感じていること
・ストレスを感じている人
などなど。

※必要最低限のことはお聞きしますが、内容を詳しくお聞きすることはありませんので、忘れてしまいたいことや思い出したくないことを再体験したり詳しくご説明いただく必要はありません。

②キネシオロジー(筋肉反射)でYes・Noの反応を取ることを基本としています。
その反応を正しく取れるようにするため、いくつかテストを行います。

③お悩みに対しての〔信じ込み〕を特定していきます。

④特定した信じ込みを解放します。

⑤からだからの宿題を確認します。

⑥からだから終了承認を得て終了します。

※すべての行為に対し、必ず筋肉反射でからだから許可を取りながら進めていきます。
ファシリテーターが一方的に読み取ったりコントロールすることはありません。

RASは体感型オンリーワンセッションです。
解放はご自身が進めていくものであり、ファシリテーターは通訳にすぎません。
また、変化のスピードや感じ方は個人差があることをご了承ください。

RAS®セッション
…お悩み例

【 RASセッションで期待できること 】
■ストレス状況下で感じられなくなっていた本当の気持ちに気付く
■ストレスにより狭くなっていた視野が広がる
■気になっていたことが気にならなくなる
■ストレスにより出来なくなっていたことが出来るようになる
(本来持っている能力を取り戻す)
■ストレスやトラウマが原因の望まない失敗パターンからの脱出

【 お悩み例 】
■とにかく何をすれば良いか分からない
ストレス状況下では、自分の本当の気持ちがわからない状態になりがちです。
自分の本当の気持ちは、行動へ結びつくためのセンサーとなります。
自分の気持ちが分かれば、何をすれば良いか感じられるようになります。

■自分自身のこと
・自分のことがよく分からない。
・自分のことが好きになれない。
・自分に自信が持てない。
・燃え尽き・無気力。
・エネルギー回復と心と身体の調整。
・日々のストレスにおけるコントロールの欠如。
・低い自己評価・無価値感。
・心配や不安感が強く自分でも疲れてしまう。
・ネガティブな思考に囚われてしまう。
・常にある不足感と怒り。
・自己信頼感が低いと感じる。
・自己否定感。
・消極的で思うように行動できない。
・何事も中途半端になってしまう。
・孤立感。
・無力感。
・孤独感。
・失敗することに対する恐れ。
・自分の行動に制限をかけてしまう。本当はもっとできるはずなのに・・・
・自分の進む道に対する不安、迷い。
・自分に自信が持てない。
・自分を責めてしまう(過去の出来事により)
・自分を責めてしまう(人と比較してダメ出し)
・気分が沈みやすい、落ち込みやすい。
・何事にも考えすぎてしまう。
・ひねくれて素直になれない。
・嫉妬心をなくしたい。
・自分を抑えてしまう。
・順調に物事が進むと不安になる。
・(人の)怒りに対して臆病
・自分の性格をなんとかしたい(例:ずるさ)
・つまらないプライドを手放したい
・イライラ感
・思考と身体の不一致
・想いと行動が一致しない
・マイナス思考
・自分と向き合うことが苦手

■対人・コミュニケーション
・人見知りをなんとかしたい。
・人が(人と話すことが)イヤだ。
・人と話すのが苦手だ。
・人と話すとあがって赤くなってしまう。
・会話中に自分がどう見られているか気になり、ストレスを感じる。
・人からどう思われるかが気になり、思っていることが言えない。
・人から嫌われることが恐く、頼まれたら断れない。
・自己主張の弱さ。
・自分の内側の葛藤。
・友人とうまく付き合いたい。
・人の目が気になる。
・人が恐い。
・人に気を使いすぎて疲れる。
・コミュニケーションをとることが億劫。
・人を信じることができない。
・信頼し合える友達がほしい。
・人に甘えたり頼ったりすることができない。
・人に対して優しくなりたい。
・過去の経験から人を疑ってしまう、信じられない。
・自分が思ったように出せない。
・自分の気持ちを出さずに飲み込んでしまう。
・感情表現が苦手。

■家族関係
・親(我が子)と良い関係を築きたいが、自信がない。
又、関わる中でストレスがある。
・夫又は妻との関係性で悩んでいる。
・嫁姑問題で悩んでいる。
・兄弟や親戚関係との仲がうまくいかない。
・家族といても気を使う、顔色をうかがってしまう。
・子どもとの関係性。
・祖父母との関係性。
・家族に優しくできない。
・亡くなった家族に対する想い。
・家族の間に挟まれ疲れる。
・両親に対する罪悪感。

■職場・友人や様々な組織活動での人間関係
・会社の上司、同僚、後輩とうまくいかない。
・職場でコミュニケーションをとること自体が億劫だ。
・職場でのコミュニケーション不和。
・ご近所や学校関連での人間関係が苦痛だ。
・関わりのある組織、団体での活動に苦痛を感じる。
(仕事の絡みでやめたくてもやめられない)
・友人との信頼関係。
・ママ友とうまくいかない。

■恋愛
・なぜ同じような人ばかり捕まえて(敢えてこの漢字を使用します)しまうのか?
いつも同じパターンで上手くいかない。
・出会いが欲しいが、出会いがない。
・出会いがあってもすぐあきらめてしまう。
・恋人との関係の崩壊。
・過去の経験から恋愛をすることに躊躇してしまう。
・好きな人がいるがうまくいかない。
・恋人との関係性

■結婚前
・結婚してうまくやっていけるか自信がない。
・過去に背負ったトラウマを解消して、新鮮な気持ちで嫁ぎたい。
自分の信じ込みを解消しておきたい。
・「幸せになっていいのだろうか」という想いが消えない。

■仕事
・今すぐにでも仕事を辞めたいが、辞めたら生活ができなくなるから、我慢しながら現在の仕事をしている。
他にやりたい仕事があるのに・・・!
・不向きな仕事で何とか成果を挙げようとするが、うまくいかない。
・職場の人間関係が嫌だ!
・みんなの前で何かを発表することに、かなり強いストレスがある。
・キャリアにおいて前進することに対するブロック
・職場での強い劣等感
・職業上のパフォーマンス向上
・特定の同僚、上司との関わりに強いストレスを感じる
・転職することに対する不安
・社内での自分の立場、役回りが理解されない
・生涯続けられる仕事に出逢えない。
・仕事復帰に対する不安
・特定の顧客との関係性
・仕事の効率向上
・仕事に繋がる人脈が増えない
・現在の仕事に対する不満

■スポーツ関連・アスリート向け
・記録の伸び悩み
・過去の経験のフラッシュバック、トラウマ
・怪我などに対する恐怖心
・本番で本領発揮出来ないなど

■経営関連
・事業(売り上げ)が安定しない
・事業の伸び悩み
・取引先とのトラブル
・経営陣との間でのストレス
・従業員が続かない
・従業員に恵まれない

■勉学に関すること
(7歳から受けていただけます)
・勉強が苦手だ。
・勉強を途中やめしてしまう。
・勉強自体がストレスだ!じっとしていられず、机に向かうことが苦手で集中出来ない。
・文章/数字を読むこと(見ること)がイヤだ!また、ストレスを感じる。
・算数(数学)・国語・英語・理科が苦手だ。
苦手科目がなければと思う。
・受験勉強にストレスを感じる。
・成績が思うように伸びない。
・暗記に対する抵抗。
※感情ストレスを解放すると、成績が上がる傾向にあります。

■子育てに関すること
・反抗的で困っている。
・何度言っても同じことを繰り返すわが子。心配かけられてばかり!
・衝動的に体罰で分からせたいと思う。
また、体罰後に後悔して自分を責めてしまう。
・子どもとの関わりに不安、心配がある。
・子どもの成長に不安がある。
・みんなかわいい我が子のはずなのに・・・特定の子どもに対するイライラ感。

■ダイエット、過食・拒食に関すること
・ダイエットがうまくいかない。
・痩せている人といるとストレスを感じる。
・継続する意思が弱いことを責めている。
・食べることを我慢し、反動で食べ過ぎてしまうなど、繰り返ししている。
・甘いものがやめられない、食べ過ぎる。
・体重に関係する「心理的ブロック」の対処
・過食/拒食

■恐怖感
・水が恐い。プールの授業が苦痛。
・集団の中に入る、行くことへの恐怖。
・閉所、暗所、高所での恐怖。
・人が怖い、外国人が怖い、男性が怖いなど。
・動物が恐い。
・特定の場所での恐怖心。

■行為
・食いしばり、歯ぎしり
寝ている間、又、無意識で歯を強く食いしばってしまう。
時には、上下の歯が削れたり、割れたりするほどの強い力がかかる。
それに伴う肩こり。
・爪を噛むクセ
・唇を触る、噛むクセ

■身体的
・むくみ
・胃腸弱
・胃腸の冷え
・血尿
・便秘
・下痢
・偏頭痛
・鼻炎
・蓄膿
・副鼻腔炎
・過度の緊張からくる汗、身体の硬直
・緊張症(あがり症)
・吐き気
・皮膚トラブル
・金属かぶれ
・手あれ
・帯状疱疹
・皮膚のかゆみ
・湿疹
・糖尿
・腰痛
・ひざの痛み
・背骨の痛み
・肩こり
・首の痛み
・嗅覚の低下
・膀胱炎
・耳鳴り
・不眠
・熟睡できない
・眠気
・いびき
・目の疲れ
・目のかすみ
・目の痛み
・生理時の痛み
・手首の痛み(よくあります)
・しこり
・動悸
・高血圧
・低体温
・更年期の症状
・いわゆる○○障害
・慢性的な疲労感
・不妊

※RASセッションは医療行為ではないことをご理解の上ご相談ください。

■その他
・過去の失敗に囚われて前に進めない
・過去の出来事への執着
・過去のイヤな出来事を忘れたい
・過去に犯した罪への囚われ
・疑心暗鬼になる
・関係性の崩壊や別離による悲哀
・憂鬱・幼児期の性的虐待の痛みとトラウマ
・大切な人の死による悲哀
・愛するペットを失った哀しみから癒されない
・大きなストレス要因になっている関係性の問題
・公共交通機関に対する恐怖
・自信の欠如・学習困難・過去のパターンを繰り返すこと
・人生の方向性に対する不満、不安
・人生の方向性を見つけるため
・人生の目的をみつけるため
・継続することに対する自信の欠如
・引いてしまうこと
・災害のストレス、トラウマ。
・満員電車。
・車酔い。
・車の運転が苦手。
・ひとりで出かけることが不安。
・極度のあがり症、緊張症。
・無駄使いをしてしまい後悔することを繰り返している。
・将来のお金の不安。
・お金が循環しない。
・同時にふたつのことが出来ない。
・相続関連の不安。
・特定の国の解放。
・時間を守れない、ルーズになってしまう。
・集中力、注意力がない。
・過去の性体験のトラウマ。

※ご留意事項
RASセッションは医療行為ではありません。
ストレス・マネジメントであり、教育的なものであることをご理解ください。